エストロゲンと副作用

エストロゲンとは卵胞ホルモンともいわれています。女性ホルモンの一種です。女性の妊娠から出産、そして閉経に関わるホルモンであり、プロゲステロンと関与しているホルモンです。
女性らしくみせているのはホルモンが関与していますが、エストロゲンは女性らしい美しさと関係しています。

いいことずくめのエストロゲンですが、閉経を向かえると女性のエストロゲンホルモンの分泌量が極端に減ってホルモンの分泌が不足となります。そんな場合はエストロゲンを増やすことが必要となるのですが、過剰摂取などの問題があめのです。

エストロゲンの作用としては女性らしさ、宇津木しい肌つくり、美しい髪の毛を形成させたりする作用がエストロゲンにはあるのですが、いいことだけではないのです。

エストロゲンと副作用の問題があるのです。エストロゲンを最近ではサプリメントやクリームで塗布することでエストロゲンを増やすという方法です。

エストロゲン不足を補うことはいいことなにんです。副作用で問題となるのは、その摂取の方法です。
エストロゲンの摂取ですが、サプリがすべて安全ということではないです。またエストロゲンクリームが安全かというと副作用もあるのです。皮膚に塗布して、しかも過剰に摂取、つまり塗布すれば簡単にエストロゲンが増やせますが、子宮がんや乳がんなどの副作用も実際にあるのです。

体内にイソフラボンを摂取することで植物性エストロゲンが増やすことができる利点もあります。イソフラボンは、エストロゲンの分泌が 多いときには自ら抑制し、少ないときには促進させるという作用を持っているという点なのです。これはイソフラボン誘導体である ゲニステインとダイゼインが、エストロゲン様作用と反エストロゲン様作用を持ち合わせているためなのです。そしてそのイソフラボンは、女性の閉経前には、活発すぎる女性ホルモンの働きを抑制するように作用し、閉経期から後は、その欠乏したエストロゲンを補うような効果が期待できるのです。よって、イソフラボンの副作用は非常に少ないものと考えられています。

この記事のタグ

サイト内関連記事

エストロゲンと妊娠
エストロゲンというホルモンは女性ホルモンの一種ですが、実は女性が健康維持するのに......
エストロゲン不足で病気
更年期になるとエストロゲンの分泌が急激に減少します。つまりこの頃から女性は更年期......
乳がんとエストロゲンの関係
乳がんはエストロゲンの分泌と大いに関係があるといわれています。乳がんは、母乳が作......
骨粗しょう症とエストロゲン
女性は更年期になると肌が衰えたり、筋肉が衰えたりと更年期障害がだんだんと出てきま......
エストロゲンと子宮癌、乳癌は関連するのか
エストロゲンは女性ホルモンの一種ですよね。エストロゲンとプロゲステロンのホルモン......
フィトエストロゲンと乳がんについて
エストロゲンが更年期になると分泌が減少するのは周知の事実ですが、エストロゲンを少......
ホルモンバランスと女性の体調
ホルモンバランスという言葉がありますが、女性の体は特にホルモンの影響が大きいと思......
ホルモン療法と子宮がん
エストロゲンは女性ホルモンの一種で大切であることは述べたとおりです。しかしエスト......
乳がん治療後のエストロゲン摂取
乳がんの手術をした方は再発しないか心配ですよね。エストロゲンとプロゲステロンとい......
コーヒーと子宮体がんの意外な関係
コーヒーと子宮体がんの意外な関係がわかりました。コーヒーを飲んでいると子宮体がん......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

エストロゲンを増やす:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.uyfgi.com/estrogen/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。